葬式のお焼香に関する基礎的知識

葬式のお焼香と言いますのは、仏、あるいは死者に向けて香を焚いて拝むことを意味します。
お葬式、あるいは法要などでよくあるもので、非常に細かくした香を香炉に落とし焚くことになります。
精神と身体のけがれを除いて清浄なメンタルでお参りを行うための礼儀作法でありまして、 常識的に考えて左手に対して数珠を掛け右手によってお焼香を実施します。
お焼香につきましては故人を想って行いさえすれば良いと言いますのは僧侶がしばしば発言する言葉といえます。
故人及び宗派が異なったケースであっても、自分自身の宗派の方法ですれば違和感はありません。
しかしながら、これに関しては自分自身の宗派の方法を理解していることが前提条件でありまして、 最低限度理解しておくべき礼儀作法でもあります。
自分自身の宗派の行儀作法をマスターした上で、ゆとりがあれば相手方の宗派の行儀作法に関しても把握しておくと、双方ともにおだやかな葬儀を行うことができます。